271107-4松下忠洋 official webnewsは、平成24年12月をもちまして、松下忠洋メモリアルサイトに。

故 松下忠洋の志は、秘書官であった、
野間たけしが受け継いでいく所存でございます。引き続き、ご支援を賜りたくお願い申しあげます。

              衆議院議員 野間たけし

【 松下忠洋 経歴 】
1962年(昭和37年)3月 京都大学農学部を卒業。
大学時代は応援団に所属。
1962年(昭和37年)4月 建設省に入省。
1991年(平成3年)6月 建設省砂防部長
1993年(平成5年)7月 衆議院議員総選挙に自民党公認で出馬し初当選。以後連続4期当選。
1998年(平成10年)7月 小渕内閣で農水政務次官に就任。
2005年(平成17年)9月 自民党を離党し、無所属で総選挙に出馬し落選。一旦、政界引退を表明。
2009年(平成21年)8月 第45回衆議院議員総選挙に鹿児島県第3区より国民新党公認で出馬し、
自民前職の宮路和明を破り5期目の当選。
2009年(平成21年)9月 鳩山由紀夫内閣において経済産業副大臣に就任。
2012年(平成24年)2月 野田内閣において復興副大臣兼内閣府副大臣に就任。
2012年(平成24年)6月 野田内閣において内閣府特命担当大臣(金融担当)に就任。
2012年(平成24年)9月 満73歳没